LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

芥川龍之介 02「杜子春」

芥川龍之介 02「杜子春」

著者:芥川龍之介

再生時間:45分15秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

老人(仙人)が浪費家の若者に、幻を通して人間らしい暮らしを説く物語

唐の洛陽の西の門の下に杜子春という若者がいた。(元は金持の息子だったが財産を使い尽くし憐な身分になっていた)あるとき老人があらわれる。老人は、杜子春にアドバイスを与え杜子春がそのとうりにすると、大金持になってしまう。

杜子春はさらに同じようなことをもう一度繰り返す。貧乏から金持ちに、そしてまた貧乏になってしまうのである。老人はまたも杜子春の前に現れる。杜子春は老人に弟子にしてくれと頼み込む。そこで老人は、自分の住むという峨眉山へ連れて行く。

峨眉山で杜子春は試練を受けるが杜子春は試練に耐えきれない。すると、あっという間に杜子春は現実に戻される。洛陽の門の下、春の日暮れ、すべては仙人が見せていた幻だった。仙人が説いた教えに杜子春はどのように応えるのか…?

※ 芥川龍之介『仙人』 同時収録!!!

著者、朗読者情報

芥川龍之介(あくたがわ・りゅうのすけ)

1892年─1927年。東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。王朝もの、近世初期のキリシタン文学、江戸時代の人物・事件、明治の文明開化期など、さまざまな時代の歴史的文献に題材をとり、スタイルや文体を使い分けたたくさんの短編小説を書いた。体力の衰えと「ぼんやりした不安」から自殺。 その死は大正時代文学の終焉と重なっている。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。