「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

梶井基次郎 「檸檬(れもん)」

梶井基次郎 「檸檬(れもん)」

著者:梶井基次郎

再生時間:21分56秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

知る人ぞ知る名作家、梶井基次郎の代表作「檸檬」のオーディオブック!!


内容紹介

「檸檬」は1925年、同人誌 「青空」 の創刊号にて発表された。発表当時は、ただ静かに同人誌に発表されただけであったが、その後小林秀雄らに評価され、梶井基次郎自身が文壇に認められる作品となった。また以後には、書店に檸檬を置き去る人が後を絶たなかったと言われている。

梶井基次郎は、自身が少年時代から肺結核に苦しみ、若くしてこの世を去ることとなったが、そのため基次郎の作品には、肺病を患った主人公が多く登場する。「檸檬」の主人公もまた、肺を病んでいた…

―その檸檬の冷たさはたとえようもなくよかった。その頃私は肺尖を悪くしていていつも身体に熱が出た。その熱い故だったのだろう、握っている掌から身内に浸み透ってゆくようなその冷たさは快いものだった―

得体の知れない不安に心をおさえつけられ、好きであった音楽や丸善に辛抱がならなくなる。誰もいないところへ逃れたいと願い彷徨い歩いていた折、以前から好きであった暗い果物屋に珍しく並んでいた檸檬を目にする。ただひとつだけ買ったその檸檬は、不思議と心の不安を和ませ、心を幸福な感情で満たしていった。

著者、朗読者情報

梶井基次郎(かじい・もとじろう)

1901年(明治34年)~1932年(昭和7年)。大阪市西区生まれ。近代日本文学の古典的存在とされる。高校時代エンジニアを目指していたが、その後文学に傾倒し東京帝国大学文学部英文科に進学。1925年(大正14年)、同人誌「青空」を刊行し、代表作「檸檬」を発表。その作品は、自身の病気を題材にすることも多く、私的小説的な作品が多い。1932年(昭和7年)、肺結核のため死去。享年31歳。命日の3月24日は、その代表作から、 「檸檬忌」 (れもんき)と呼ばれている。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る