LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

ルルとミミ

ルルとミミ

著者:夢野久作

再生時間:49分56秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

むかし、水晶のように美しい湖のふちにひとつの小さな村がありました。

この村にルルとミミという兄妹が暮らしていました。村唯一の鐘造りであった父親は、音の出ない鐘を造ってしまったことを恥じて、湖へ身をなげてしまいました。

ルルは父親に代わって新しい鐘を造りました。妹も村の人々も大喜びでその音を聞くのが楽しみでした。

しかし鐘は鳴りませんでした。

悲しみにくれたルルは、泣きつかれて眠る妹のミミを残して、父のように湖の底へ自ら沈んでいってしまいました。

それから毎日ミミは湖のほとりで泣き続けていましたが、あるとき睡蓮の花がミミに向かっていいました。

花の鎖を作って湖の底にある真珠の御殿へ行きなさい。そこに住む女王様の所に兄はいます、と。

ミミは花の鎖を作って、御殿を目指して湖の底へ沈んで行きました。

-------------------------------------------------------------

「ルルとミミ」は大正15年、九州日報にて日本で初めて切絵を使った童話として「とだけん」の名義で発表されました。

とても綺麗な文章で綴られる、不思議で悲しいお話です。

著者、朗読者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。