LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

芥川龍之介の猿蟹合戦

芥川龍之介の猿蟹合戦

著者:芥川龍之介

再生時間:11分34秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

かには自分がもっているおにぎりとさるがもっている柿のたねを交換しました。

かにがたねをうえると……

かにの子どもはみごとにかたきをうちました。
めでたしめでたし。

の、その後の話。

仇を取った蟹の子らは、その後警官に捕まり投獄。主犯の蟹は死刑、臼や蜂らは無期徒刑。これは事実である。猿蟹合戦は「因果応報」の話だが、復讐は善ではない。

蟹の家族はその後どうなったのか。妻は貧困のためか、性状のためか、売笑婦に。長男は株屋の番頭か何かになった。次男は小説家になった。三男は、蟹よりほかにはなれなかった。そんな三男が横ばいに歩いていると、おにぎりが落ちていた。すると高い木の梢に猿が一匹――

芥川は最後にこう言います。

「語を天下の読者に寄す。君たちもたいてい蟹なんですよ」

著者情報

芥川龍之介(あくたがわ・りゅうのすけ)

1892年(明治25)~1927年(昭和2)。東京市京橋区生まれ。大正時代を代表する小説家の一人。東京帝大在学中に菊池寛、久米正雄らと共に同人誌『新思潮』刊行。1915年(大正4)、代表作「羅生門」を発表。様々な時代の歴史的文献を題材にとり、スタイルや文体を使い分け多くの短編小説を執筆。「杜子春」「蜘蛛の糸」などの童話も有名。1927年(昭和2)服毒自殺。享年35歳。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。