LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

魯迅 「狂人日記」

魯迅 「狂人日記」

著者:魯迅

再生時間:36分43秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

1918年に魯迅によって発表された処女作となる短編小説。

魯迅は、狂人の日記という形で、当時の中国の封建社会を「人が人を食べる」社会であると批判した。

大病を患ったという友人の弟。訪ねてみると、すでに全快して赴任しているといい、兄から病中に書かれたという日記を渡された。

内容は支離滅裂ででたらめのようであり、被害妄想狂の類であると見えた。

犬の視線から逃れられないでいる。周囲の人間がこちらを見て噂をしている。皆が自分を食べようとしている。

短く綴られた日記には、彼が次第に発狂していく様が記してあった。

著者情報

魯迅(ろじん)

1881-1936
中国の文学者、思想家。代表作に、「阿Q正伝」「明日」「兎と猫」「鴨の喜劇」「狂人日記」「故郷」「吶喊」「幸福な家庭」などがある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。