LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

中島敦 「山月記」

中島敦 「山月記」

著者:中島敦

再生時間:27分27秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

中島敦の短編小説。唐の時代に書かれた「人虎」として知られる中国の変身譚を元にしている。

教材としても人気があり、高等学校の現代文の教科書に多く掲載されている。


李徴は博学才穎で、若くして名を馳せ役人となったが、自尊心が強く官職に満足できなかった。

官職を辞し詩作に耽るも、上手くいかずに挫折する。その後、生活のために地方官となるも、屈辱的な日々に自尊心はひどく傷つき、ついに発狂して姿を消してしまった。

翌年、李徴の友人である袁参が、人喰虎が出るという道を危険を顧みずに進んでいると、一匹の猛虎が躍り出た。

虎は、かつての友人李徴であった。

李徴は袁参に語る。なぜ自分は虎になったのか。人との交わりを避け、詩家を目指すも切磋琢磨を怠った。それは臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為であった。この羞恥心が心のうちに潜む虎であり、家族や友人を傷つけた。そうしてついに、本当の虎になってしまったのだ。

誰しもが心中には猛獣を飼っている。それが自分や人を傷つける。李徴の場合はそれが虎であった。

著者、朗読者情報

中島敦(なかじま・あつし)

1909-1942 小説家。デビュー作は「山月記」「文字禍」で、つづけて「光と風と夢」を発表。気管支喘息悪化のため1942年、33歳で早逝。「李陵」などの作品は、遺作として没後発表された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。