LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

私の財産告白(1)

私の財産告白(1)

著者:本多静六

再生時間:2時間11分56秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

貧乏だからお金が貯まらない、公務員だから給料が少ない、凡人だから金儲けなんて諦めよう・・・

本多静六は、幼少期から貧乏に苦しみ、学校も一度落第し、職も学者のため給料は多くは無かったにも関わらず、現在の価値にして数十億円を超える大資産家となった。

「本多式四分の一貯金」「二割利食い、十割益半分手放し」 など、どれも言われれば当たり前の方法ばかりであり、全て王道である。ただまっすぐにやり続ければ誰でも、確かな財産を築くことの出来る道である。

「日本近代化の父」大実業家・渋沢栄一や第8代・17代総理大臣を務めた大隈重信、みずほグループを抱える安田財閥の祖、安田善次郎らの顧問を務めたほどの稀代の賢人が、自らの人生体験から「財産」を語る。

50年以上読み継がれてきた不朽の名著。誰にでも出来る、 「ブレない財産の作り方」 のバイブル。

内容項目

自序

─私の財産告白─

1. 貧乏征伐と本多式貯金法
貧乏征伐の決意/本多式「四分の一」貯金 他

2. 金の溜め方・殖やし方
大切な雪だるまの芯/金儲けはケシカラヌか 他

3. 最も難しい財産の処分法
財産蓄積に対する疑惑/子孫の幸福と財産 他

4. 金と世渡り
貸すな、借りるなの戒律/私の致富奥義 他

5. これからの投資鉄則
子供には何を残すべきか/金儲けのできる奴 他


─私の体験社会学─

1. 儲かるとき・儲からぬとき
金は生物である/失敗に囚われるな 他

2. 儲ける人・儲けさせる人
小成金たちの運命/儲けるには儲けさせよ 他

3. 人間的サラリーマン訓
複雑な人と人との問題/上手な喧嘩の仕方 他

4. 人を使うには・人に使われるには

使うには使われろ/人物の正しい評価 他

5. 平凡人の成功法
天才恐るるに足らず/私の体験社会学――最終結論 他


著者、朗読者情報

本多 静六(ほんだ せいろく)

1866(慶応2)年、埼玉県菖蒲町(現在は久喜市)生まれ。

赤貧苦学の末、84(明治17)年に東京山林学校(現在の東大農学部)に入学。一度は落第するも猛勉強して首席で卒業。 その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。

1892(明治25)年、助教授に昇任し、「4分の1天引き貯金」と1日1頁の原稿執筆を開始。

1900年には教授に昇任し、研究生活のかたわら、日比谷公園や明治神宮神ほか多数の造園に関わり、 他にも植林・産業振興など多方面で活躍するだけでなく、独自の蓄財投資法と生活哲学を実践し、現在の価値にして数十億円を超える莫大な財産を築く。

1927(昭和2)年の定年退官を期に、全財産を匿名で寄付。その後も「人生即努力、努力即幸福」のモットーのもと、清貧生活を続けながら370冊余りの著作を残した。 1952(昭和27)年1月、85歳で逝去。

※ 本商品は「私の財産告白」「私の体験社会学」(本多静六著)をオーディオ化したものです。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。

私の財産告白(1)
私の財産告白(2)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。