LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

自助論~新訳完全版~第八章

自助論~新訳完全版~第八章

著者:サミュエル・スマイルズ/関岡孝平

再生時間:1時間58分2秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

天は自ら助くる者を助く


本オーディオブックは、1858年にイギリスで上梓された『自助論』の改訂版を現代語にて全文を完全新訳し、朗読したものである。

人は成功を命ずることはできない。努力してこそ、成功を手にすることができるのだ

前書は、アメリカで出版されたのを始め、イギリス国内はもちろん世界各国にて翻訳され、今尚、読み継がれるロングセラー書。
日本国内では、中村正直が翻訳『西国立志編』として刊行。明治の終わりまでに100万部以上の売上をあげた。

本オーディオブックは、全十三章からなる「自助論」の第八章

本書の主旨は、みなさんが正しい目的に向かって力いっぱい努力すること―、苦労や苦しみ、屈辱から逃れることも、他者からの支援や保護に頼りきることもなく、自分自身で活路を切り開けるように導くことだ。自分自身を助けることは、突き詰めて考えれば、周囲の人を助けることにつながる。
本書で取り上げたさまざまな実例――文学者や科学者、芸術家、発明家、教育家、慈善家、宣教師、殉教者たちの生き様―を見れば、それが分かるはずである。

優れた人物が、自らの理想を追求するなかで失敗することはもちろんある。しかし、失敗しようと思って失敗したわけでもなければ、失敗してよかったと考えているわけでもない。よからぬことを追求して成功するのは恥ずべきことだが、理想を追求して失敗するのは名誉なことである。
しかし、理想を追求して成功するほうがそれよりもっといい。

どんな場合でも一番大事なのは結果ではなく、その目的であり、価値ある目的の実現に向けて注ぐ努力と忍耐、勇気、不屈の闘志である。

内容項目

第8章 気概と勇気――ENERGY AND COURAGE

●気概こそ人を成長させる
●成功に導く意志の力
●非凡なる指導者たち
●背中で見せるネイピア将軍
●国民という英雄たち
●神の教えを人生を賭けて伝える宣教師たち
●慈愛に満ちた活動家ジョナス・ハンウェー
●人生をかけた戦い奴隷制度廃止


~本文より抜粋~

「勇ましき心に、不可なるものはない」
―――ジャック・クール(フランスの豪商で、シャルル7世の顧問官)

「幸運は勇者の上に微笑む」
―――ドイツのことわざ

「始めたすべての事業を……彼は心を尽くして進め、成し遂げた」
―――旧約聖書 歴代誌下 31章21節

何であれ、成功するのに必要なのは、人より秀でた才能よりもまず決意である。
能力だけあってもだめで、闘志を持って粘り強く努力する意志の強さが不可欠だ。
気概こそ人格の中心核となるもの、つまるところ人そのものと言っていい。
気概は行動に推進力を与え、努力に魂を与える。
真の希望は気概から生まれ、その希望が人生に豊かな彩りを与えてくれる。

何かを望んだり願ったりしているだけでは、欲求不満がたまるだけだ。直ちに具体的な行動に移す必要がある。
援軍が来るまでひたすらじっと待つだけという者は少なくないが、それでは何の役にも立たない。
ワーテルローの戦いでナポレオンを破ったウェリントン将軍のように、援軍を待つ間も勇敢に闘って持ちこたえる必要がある。

何か意味のあることをしようと決めたなら、素早くわき目をふらずに実行に移すべきなのだ。
長い人生には、退屈な仕事やつらい仕事をしなければならないときもある。そんなときは、自分を磨くチャンスと捉えて前向きに明るく取り組むべきだ。
フランスの画家アリ・シェフェールがこんなことを言っている。
「人生では、頭か身体を働かさなければ成果は得られない。努力して、努力して、さらに努力する。
それが人生というものだ。その意味で私は自分の人生に満足している。少しばかり自慢めくが、それを承知であえて言えば、何ものも私の勇気をくじくことはなかった。
強い気持ちと高い志さえあれば、人は望んだことを間違いなく実現できる」

努力することもほかの習慣と同じで、続けているうちに何の苦労もなくできるようになる。
平凡な能力しかない者でも、1度にひとつのことに集中して根気強く努力することによって、大きなことを成し遂げられる。
奴隷制度の廃止で功績をあげた政治家のファウエル・バクストンの信条は、「あたり前のことを全力で行う」というものだった。
彼は、聖書にある「すべてあなたの手の成し得ることは、力を尽くして成せ」という教えを忠実に実践した。
そして、自分が成功した理由は「1度にひとつのことに全力であたる」ようにしたからだと語っている
。 真に価値あることは、勇気ある挑戦なくしては達成できない。人間の成長はひとえに、困難に積極的に立ち向かおうとする意志の力、すなわち気概いかんにかかっている。
一見不可能に思えることが、意志の力によって可能になるケースは驚くほど多い。強く望みさえすれば、それだけで可能性は現実へと変わる。
強い願望は、いずれそれができるという自信へとつながることが多いのだ。
逆に、臆病で優柔不断な人間には何事も不可能に見え、それだけで実現を遠ざける。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。