「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の貴重な講演が聴き放題。登録月は末日まで無料でご利用いただけます。

ちりとてちん

ちりとてちん

落語家:柳家さん喬

2008年5月7日 鈴本演芸場

再生時間:26分43秒

提供:新潮社

内容紹介

旦那の家に、近所の男がご馳走に呼ばれる。男は食事をしながら、お世辞を言って旦那を喜ばせる。対照的に、裏に住む竹という男は、いつも知ったかぶりばかり。そこへ腐った豆腐が見つかり、これを「ちりとてちん」という食べ物だと竹に食べさせることにして……。

落語家紹介

柳家さん喬

昭和23年8月4日生れ。昭和42年4月、五代目柳家小さんに入門。昭和56年3月、真打昇進。出囃子は「鞍馬獅子」。平成24年度芸術選奨・文部科学大臣賞受賞(大衆芸能部門)。平成28年度文化庁文化交流使。


作品を聴くには、月額1,500円(税別)の会員登録が必要です。
会員登録(無料体験)はこちら >

ジャンル  出版社 
 
タイトル  著者・講演者名 
 
朗読者名  落語家名 
 
キーワードで探す 

コンテンツ提供

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る