LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

田辺聖子の「源氏物語」 ―語り明かす長夜のゆめ―(第22回)

田辺聖子の「源氏物語」 ―語り明かす長夜のゆめ―(第22回)

講演者:田辺聖子

1999年1月22日 大阪・リーガロイヤルホテル

再生時間:1時間5分6秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

(第22回)源氏47才 めぐりめぐる悪夢
光源氏と結婚した女三の宮は、柏木の求愛によって思いもよらぬ運命の波に流されてしまいます。これまでにない嫉妬を覚える源氏は、自らの青春のあやまちがもたらした因果応報を思い知ることになります。そして、ついに最大の悲劇が源氏を苦しみの底に突き落とします…。ドラマチックで華やかだった源氏の生涯は、どのような結末を迎えるのでしょうか。
第21回~第24回では若菜(下)・柏木・横笛・鈴虫・夕霧・御法・幻・雲隠の巻にかかるストーリーが語られます。

内容項目

紫の上に取り憑いた物の怪
女三の宮の「宿世」
嫉妬による源氏の変貌

講演者紹介

田辺聖子

1928年大阪市生まれ。大阪樟蔭女子専門学校国文科卒。1964年「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞受賞、1987年「花衣ぬぐやまつわる…わが愛の杉田久女」で女流文学賞受賞、1993年「ひねくれ一茶」で吉川英治文学賞受賞。1995年紫綬褒章受章。1998年エイボン女性大賞、井原西鶴文学賞受賞。同年「道頓堀の雨に別れて以来なり」で泉鏡花文学賞、1999年読売文学賞受賞。


関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。