LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

自然における視座の変換 2つの場合-動物の行動

自然における視座の変換 2つの場合-動物の行動

講演者:日高敏隆

1970年9月11日 岩波市民講座 岩波ホールにて収録

再生時間:1時間59分13秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

生物とは、はたして与えられた条件に対して柔軟に進歩しつづけるものなのか、あるいは生まれながらにもっているものが展開していくだけなのか。両者の間をはげしく揺れ動いた生物学史を概観し、そうした大きな視座の転換が我々の生き方におよぼす影響を考える。

講演者紹介

日高敏隆

1930年東京生まれ。東京大学理学部動物学科卒業。岩波書店に勤務しながら夜間は東京大学で研究を続ける。東京農工大学講師・助教授・教授、京都大学教授、滋賀県立大学初代学長、総合地球環境学研究所初代所長をつとめる。1982年日本動物行動学会創設、初代会長。毎日出版文化賞(『チョウはなぜ飛ぶか』)、日本エッセイスト・クラブ賞(『春の数えかた』)、南方熊楠賞を受賞。専門書、啓蒙書、エッセイ、翻訳など、著訳書多数。2009年没。

注釈

走光性(そうこうせい)

生物の光刺激に対する走性。
条件反射(じょうけんはんしゃ)ある個体に生得的でなく一定の条件下に形成された反射。これに対して生得の反射を無条件反射とよぶ。

リリーサー(releaser、 解発因)

動物のもつ、同種他個体の特定の行動的反応を解発するような機能をもった特性。形態・色彩・音・におい・身振り・行動などが含まれる。



関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。