LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

葦は見ていた

葦は見ていた

原作者:山本周五郎

朗読:江守徹

 

再生時間:54分14秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

愛する男、計之介の武士としての立身を妨げぬよう、自ら身をひき入水自殺する芸者おひさ。そして、その後出世の道を歩む計之介。二人の姿から、“青春の情熱”と“壮年の打算”とを対比的に描き上げた傑作短編。
原文は新潮文庫『おさん』に収載。

原作者紹介

山本周五郎

(1903-1967)山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビューを果たした。その後15年近く不遇の時代が続くが、やがて時代小説の分野で認められはじめる。『日本婦道記』('42-'46)で直木賞に推されるがこれを辞退、生涯で一個の賞も受けることはなかった。『樅ノ木は残った』('58)、『赤ひげ診療譚』('58)、『おさん』('61)など次々と名作を発表し、人間に対する深い愛と洞察力で多くの読者の支持を得た。中でも『青べか物語』('60)は著者畢生の名作として名高い。

朗読者紹介

江守徹

昭和19年東京生まれ。昭和38年文学座附属演劇研究所卒。昭和41年より文学座座員となり現在に至る。舞台、映画、TVで幅広く活躍するかたわら、翻訳や演出も手がけている。舞台「オセロー」で昭和48年紀伊國屋演劇賞個人賞、「シラノ・ド・ベルジュラック」で昭和58年紀伊國屋演劇賞個人賞、「人生は、ガタゴト列車に乗って…」で平成3年名古屋演劇ペンクラブ賞受賞。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る