LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏26「動物園に行くと、忘れていたことを思い出す。」――生命の尊さを学ぶ観察術

月刊・中谷彰宏26「動物園に行くと、忘れていたことを思い出す。」――生命の尊さを学ぶ観察術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間3分59秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

最近、動物園、行きましたか?
私は・・・ぜんぜん行っていませんでした。(>_<)
なぜ、そんな話題なのかというと、
先日、中谷さん、神戸の王子動物園(←名前が中谷さんっぽいですね!)に行ったのです。

その動物園は、中谷さんの王子時代、5歳の頃、
親に連れて行ってもらったところです。
当時の思い出として、強烈だったのは、
ゾウの強烈な臭いを嗅ぎながら、食べたきつねうどん。(*^_^*)
「今も、そこにあるのかな・・・?」と行ってみたら、
――あった。
40数年を経て、今もそこにそのままあったのです。
ちょうど桜が散った時期、
一面に、桜の花びらが散っていて、そこに降る春雨。
地面一面がピンク色で、美しかったそうです。(^o^)

今回は、動物園をテーマとした中谷さんの気付き日記です。

内容項目

★人間、もともとは動物。動物を観察すれば、人間の「野性」が理解できます。自分の原点を観察するのなら、動物園。中谷流・観察術。
●動物園で、忘れていたことを思い出そう。
●ゴリラは、ベジタリアン。
●進化したゴリラは、ナーバス。
●動物のオスとメスに、人間のオスメスを見た。
●頭蓋骨を恐れるゾウは、精神性が高い。
●核家族は、動物園で、生死に接しよう。
●動物園で1日過ごせるのが、運命の人。
●昔から、インテリは動物園を愛してきた。
●芸人は、猿を見て、芸を磨く。
●動物を観察すれば、人間がわかる。
●解説を読めば、もっとイマジネーションがわく。
●猿山に、企業社会を見よう。
★何度も聴いて、あなたの「野性」を復活させましょう!


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。