LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏28「生を体験すると、見えないものが見えてくる。」――執着を捨てられる人生の楽しみ方

月刊・中谷彰宏28「生を体験すると、見えないものが見えてくる。」――執着を捨てられる人生の楽しみ方

著者:中谷彰宏

再生時間:57分36秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

こんにちは!
先週、お会いした山崎拓巳さんから、こんなことを言われました。
「そがさんって、見えてるでしょ?」
「え・・・???」
「見えてるでしょ、霊?」
「ええーー」

正直に言います。
私はオーラは見えています。
私の言うオーラとは、その人の持っているツキとか、
運気みたいなものです。
それは、見えます。
でも、、、霊は見えていません・・・たぶん。。。。(^^;)
でも、親愛なる拓巳さんから、そんなこと言われて、
とっても嬉しかったです♪

さて、今回の「月ナカ」のテーマは、まさにコレ。
――見えている人と、見えていない人。

私のようにオーラが見えている人もいれば、
これからの世の中の動向が見えている人もいます。
私の友人・飯田橋博士の未来予測は、
ホントびっくりするくらい当たります。
これまた、友人の村西監九郎くんは、
初対面の女性と目があっただけで、
その子と発展するかわかるそうです(笑)
こういうふうに、見えている人もいれば、
ぜんぜん見えていない人もいます。

では、見えている人と見えていない人の違いって、何なんでしょうか??
相手の醸し出す雰囲気?
その場に錯綜する空気?
自分が放つ波動?
何にしても、見えている人になれば、
どれだけ、人生ハッピーになるわかりません。
見えている人になりたいものですね♪
今回のトークでは、そのあたりの秘密を探っていますよ!

内容項目

★数多くの「生」の体験が、あなたの先見力を磨く。中谷流・先読み術。
●クレジットタイトルで、余韻を噛みしめよう。
●映画を観たら、反芻の時間を持とう。
●いい映画は、席を替えて何回も観よう。
●映画は止めないで、一気に観よう。
●「生」で、心理的なアップ感を楽しもう。
●生の失敗を見て、すごさを噛みしめよう。
●会話では、聴き手の運動量が大事。
●熟練すれば、近未来が見える。
●生で、熟練した世界を体感しよう。
●淡々と生活すると、想像力が強まる。
★何度も聴いて、先読み名人に。


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。