LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

ロシア民話集 2 (3)

ロシア民話集 2 (3)

著者:アレクサンドル・アファナーシェフ

再生時間:2時間39分6秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

またしても登場。おそロシアなロシア民話の世界!
「ロシアのグリム兄弟」が集めた民話36話を収録しています。


世界に童話は数あれど、ロシアの童話は一味違う。とは言っても、怖い話が多い訳ではありません。正当な英雄物語もありますが、エスプリの効いた(効きすぎた?)ブラックジョークや強烈な皮肉が込められたお話も多々あり、それ故に面白いのです。お子様だけでなく、大人の方が聴いても魅力に満ち溢れているのがロシア民話なのです。

「英雄イリヤ・ムーロメッツと盗賊ソロウェイの話」
カラチャーロヴォ村に生まれたイリヤ・ムーロメッツは、生まれてから三十年もの間、足腰が立たなかったのですが、ある日すっくと立ち上がって歩けるようになると、その怪力も相まって、非常に逞しい若者になりました。ある日、イリヤは両親にキエフの町に旅立ちたいと切り出して、旅に出ました。
途中、襲ってきた盗賊を改心させたり、チェルニゴフの町を救ったりしながらキエフへ向かうイリヤでしたが、その道には、名の知れ渡った盗賊ソロウェイが出没して、旅人を襲うというのです。しかも彼は恐ろしい口笛を吹き、それを聞いたものは皆死んでしまうのです。ソロウェイは、このままイリヤを通しては自分の一生の名折れになると、襲撃を試みるのですが……

内容項目

唄う樹とおしゃべりの小鳥
坊さんの子アリョーシャ
英雄イリヤ・ムーロメッツと盗賊ソロウェイの話
許婚の子ども
壷売り
手なしんぼ
イリヤ・ムーロメッツと巨蛇
羊飼の娘
早足の使者
笑わぬ王女
大胆な男
賢い返答
セミャーカの裁判
不思議な老人
夜中の舞踏
「金持のマルコ」と「不幸なワシリイ」
森の魔
兵士と泥棒
坊さんの娘ワシリーサ
ワシリイ王子と美しいエレナ姫
琴弾きに化けた王妃
将軍の夢
けちん坊
賢い娘
夢の予言
目の悪い人
不幸なダニーロ
バルダック・ボリシエウィチ
善い言葉
狡猾な男
泥棒
商人の子イワン、お姫様を生かす
吸血鬼
兵士の謎
死人の身体
幽霊の話

著者情報

アレクサンドル・アファナーシェフ

ロシアの民俗学者。ロシア民話研究の第一人者で、「ロシアのグリム兄弟」とも称される。
600以上の民話・伝承を編纂しており、その数は世界で最も多い。1850年代初めからグリムにならってロシアの口承文芸の集大成を志し、ウラジーミル・ダーリやロシア地理学協会の資料などを基に編纂し、1855年から1863年にかけて『ロシア民話集』を刊行した。文学的修飾を加えずに民話の素朴な姿を伝える編集方法は高く評価され、その分類法は今日も用いられている。1865年から1869年にかけては、スラヴ人の自然観についてまとめた『スラヴ人の詩的自然観』を刊行した。アファーナシェフの編纂は民俗研究にとって価値の高いものであり、ニコライ・リムスキー=コルサコフやイーゴリ・ストラヴィンスキーの芸術作品にも大きな影響を与えている。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
ロシア民話集 2 (1)
ロシア民話集 2 (2)
ロシア民話集 2 (3)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る