LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

人をあるく 高杉晋作と長州(4)  奇兵隊

人をあるく 高杉晋作と長州(4)  奇兵隊

著者:一坂太郎

朗読:常盤昌平

2018年4月 ピコハウス

再生時間:2時間8分2秒

提供:吉川弘文館

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。


資料ダウンロード

以下リンクより本オーディオブックの資料が閲覧、ダウンロードできます。
● 目次 (PDF:約386KB)
● 参考文献 (JPG:約309KB)
● 高杉晋作略年表 (JPG:約514KB)
● 資料一括ダウンロード (ZIP:約1.5MB)

内容紹介

急進的な攘夷運動の急先鋒として、幕末の動乱期を駆け抜けた高杉晋作。暴走、迷走を繰り返した長州藩で何を考え、何を目指して戦ったのか。奇兵隊の軌跡を晋作による創設から終焉まで丹念に辿り、その波瀾の生涯を描く。地元の萩、山口、下関、太田・絵堂、長府、吉田、防府、から、晋作が足跡を残した江戸、京都、長崎、福岡までゆかりの史跡を訪ね、晋作の実像に迫る。参考文献、略年表、人物相関図、萩、下関史跡地図付き。2014年7月刊。

内容項目

高杉晋作の幻/Ⅰ 高杉晋作の履歴書(生い立ち/仕官/攘夷運動と奇兵隊結成/第一次幕長戦争と長州藩内戦/第二次幕長戦争と志半ばの死)/【コラム】高杉晋作の酒・女・金/高杉晋作の詩歌/人物相関/Ⅱ 奇兵隊(奇兵隊の創設/奇兵隊の変質/藩政府との対立/「俗論党」との抗争/長州藩の軍制改革と第二次幕長戦争/戊辰戦争と奇兵隊の終焉)/Ⅲ 高杉晋作の足跡をあるく(萩/江戸/京都/山口/大田・絵堂/長崎/下関/長府/吉田/防府/福岡)/参考文献/略年表

著者紹介

一坂太郎

1966年、兵庫県芦屋市に生まる。大正大学文学部史学科卒業。東行記念館学芸員を務めるも、同館閉館により退職。現在、萩博物館高杉晋作資料室長。防府天満宮歴史館顧問。山口福祉文化大学特任教授。〔主要著書〕『高杉晋作史料』全三冊(マツノ書房、2002)、『高杉晋作』(文芸春秋、2002)、『長州奇兵隊』(中央公論新社、2002)、『高杉晋作の「革命日記」』(朝日新聞出版、2010)、『木戸孝允』(山川出版社、2010)、『高杉晋作の手紙』(講談社、2011)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社、2013)、『幕末維新の城』(中央公論新社、2014)『吉田松陰-久坂玄瑞が祭り上げた「英雄」』(朝日新書、 2015)

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
人をあるく 高杉晋作と長州 (1) 高杉晋作の幻
人をあるく 高杉晋作と長州 (2) 高杉晋作の履歴書
人をあるく 高杉晋作と長州 (3) コラムと人物相関
人をあるく 高杉晋作と長州 (4) 奇兵隊
人をあるく 高杉晋作と長州 (5) 高杉晋作の足跡をあるく

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。