LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

40分でわかるリチャード三世 -シェイクスピアシリーズ19-

40分でわかるリチャード三世 -シェイクスピアシリーズ19-

著者:ウィリアム・シェイクスピア/大久保ゆう

朗読:横居将

再生時間:43分41秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

オーディオブック シェイクスピアシリーズ第十九弾

読み聞かせでもなく、サウンドドラマでもない。
オーディオブックならではの圧倒的な表現力。
誰もが知っている"はず"のシェイクスピア作品をダイジェストにして続々お届けします。

解説

シェイクスピア初期の傑作で、稀代の悪党とされるリチャード三世が主人公。16世紀前半のマキャベリズムに影響を受けた専制君主を目指して、権謀術数に長けた人物が「目的のためなら手段を選ばず」権力欲を振り回す話。
この「リチャード三世」は、「ヘンリー六世」三部作に続く、シェイクスピア「第一・四部作(薔薇戦争もの)」の最後を飾る作品であるため、上演する際も組み合わせられることが多く、イギリスではバートン&ホール、映画ではローレンス・オリヴィエ、本邦でも木下順二が一連の劇を合成させており、本稿でも一部「ヘンリー六世」の筋書きや台詞を採り入れている。
なおシェイクスピア原典ではエドモンドが末子とされているが、クィーチ版では史実通りリチャードが末の子に修正されている。またリチャード三世は、史実ではこうした残虐な人物ではなかったという説もある。

内容紹介

「おれか? ふん、おれはとんでもない醜男なのだ。だからこの世のお楽しみなど、あろうはずもない。せめて人を見下し、仰がせ、足蹴にするためには、ほら、王様の冠を手に入れる夢を持つよりほかに、おれに楽園などあるものか。生きる限りこの世は地獄、このみっともない体に栄誉を被るまではな。それこそ、イバラの森に迷ってもがくかのように、血まみれの斧を振るってでも道を切り開きたいさ。そうとも、おれは笑顔だって作れる、そうともさ、おれは微笑みながら人が殺せる、嘘泣きもできる、臨機応変に顔を変えつつ、人魚顔負けに水夫らを溺れ死に、バジリスクよろしく目で人も殺せるさ。カメレオン以上に千変万化、残虐ぶりにかけてはマキャベリも弟子にできる。で王冠は得られるか?いいとも、どれだけ遠くとも今にもぎとってやる。」

著者情報

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)

英国の劇作家・詩人。1592年~1612年ごろまで劇作家として活躍。四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残す。

Arthur Thomas Quiller-Couch's HISTORICAL TALES FROM SHAKESPEARE: HENRY VI & RICHARD III
edited by Yu Okubo,
translated by Takeji Komatsu


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。