LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

実説 城谷怪談 撰集 一

実説 城谷怪談 撰集 一

著者:城谷歩

朗読:城谷歩

再生時間:1時間57分55秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

実説 城谷怪談

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある。幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更には聞き集めた実体験を含めるとその数は数百に及ぶ。そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けします。

内容紹介

「嗤う」
四十年輩の男性が、20年ほど前、大学卒業後、社会人1年目の盆に里帰りした時の体験。
地元の友人と深酒をして実家まで歩いて帰る道すがら、地元唯一の小さな商店街に差しかかった時の事。
なつかしい気持ちに誘われてフラフラとシャッター街になってる商店街を歩いているうちに、幼い頃聞かされた都市伝説を思いだす。
ところが、実はその都市伝説はきっかけになった凄惨な事件があった事を知る事になるのだが・・・。

「電話ボックス」
雪降りしきる12月の札幌。当時中学生だったY君は、初恋の相手と毎夜のようにこっそりと電話をしあっていた。
ある夜、Y君は母親に長電話を咎められ、自宅の電話を禁じられてしまう。仕方なく、家の前にある電話ボックスを使う事にしたのだが…
そこで彼を待ち受けていたのは背すじも凍る不可思議な体験だった。
そして、謎に包まれていた怪体験はその数年後に思いもよらない形で真相を顕す事になったのだが・・・。

「壁のシミ」
7、8年前のこと。当時18歳だったミホちゃんは、上京して小さなワンルームで一人暮らしを始めた。
昼は正社員、夜は大学の夜学に通うハードな毎日を過ごしていた頃、ある時期から自分の部屋の壁におかしなシミを発見する。
やがて何かに突き動かされるように毎日そのシミを監察するようになるのだが、しばらくして、遂にそのシミが原因と思われる異変が彼女を襲う。
霊感の強い友達によれば、7、8年前のある出来事が、実はまだ終わっていなかったという。

「玄関」
およそ10年程前、一人の若者が舞台俳優を目指して劇団に入団してきた。
屈託なく華のある男ではあったが、ある夏の夜、彼が住まう一人暮らしのアパートに帰って来た時、立て続けに奇妙な体験に巻きこまれてしまう。
初めての怪奇現象は、結局解決をみる事なく数日が経つ。
そして、更なる恐怖が彼らを飲み込む事になる。果たして何が起きてどうなってしまったのか。

著者情報

城谷 歩(しろたに わたる) プロフィール

1980年2月16日生
北海道小樽市出身
15歳から舞台演劇を中心に俳優活動を始める。
20歳の時、劇団深想逢嘘(2000年~2011年)を発足、主宰を務める。
ローカルのCMタレントやラジオレポーター、カルチャースクールの講師などを経て2012年1月怪談師デビュー。
怪談ライブバー スリラーナイト札幌本店で活動後、2014年から同六本木店オープンに合わせ上京。
店での口演の他、外部出演、独演会開催、メディアへの出演多数。
2018年独立し、フリーランスプロの怪談師として活動開始。

■メディア
・「所さんの目が点」
・「大人養成所バナナスクール」
・「Rの法則」
・「柴田阿弥の金曜thenight」
他多数

■書籍
・恐怖怪談「呪ノ宴」(竹書房 単著)
・怪談師恐ろし噺「裂け目」(竹書房 単著)

■DVD
・「怪奇蒐集者」(楽創舎)
・「六本木怪談 呪・祟」(楽創舎)

シリーズ一覧

実説 城谷怪談 撰集 一
実説 城谷怪談 撰集 二
実説 城谷怪談 撰集 三
実説 城谷怪談 撰集 四
実説 城谷怪談 撰集 五
実説 城谷怪談 撰集 六
実説 城谷怪談 撰集 七
実説 城谷怪談 撰集 八
実説 城谷怪談 撰集 九
実説 城谷怪談 撰集 十


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。