LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

明治維新の群像

明治維新の群像

講演者:奈良本辰也

1967年3月14日 徳島

再生時間:1時間12分52秒

提供:岩波書店

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

明治百年を機に、「歴史は人間が作る」という観点から、維新の志士たちの生きざまを鮮やかに描き出す。佐久間象山、吉田松陰、勝海舟、橋本左内らを中心に、明治維新の背景と意味を明らかにする。

講演者紹介

奈良本辰也(ならもと・たつや)

1913-2001年。山口県生まれ。歴史家。京都帝国大学文学部史学科卒業。専攻は日本近世史。主な著書に『近世封建社会論』(高桐書院)、『日本近世の思想と文化』(岩波書店)、『明治維新論』(徳間書店)、『高杉晋作』(中公新書)、『二宮尊徳』『吉田松陰』(以上、岩波新書)、『武士道の系譜』(中央公論社)、『洛陽燃ゆ』(講談社)、『京都歴史歳時記』(河出書房新社)、『昭和史と共にあゆんだ青春』(総合出版)など。

注釈

佐久間象山

幕末の思想家・兵学者。信州松代藩士。蘭学・砲術に通じ、海防の急務を主張。1854年、門人吉田松陰の密航に座し幽閉される。64年幕命によって上洛、攘夷派の浪士に暗殺された。

吉田松陰

幕末の志士。長州藩士。江戸に出て佐久間象山に洋学を学び、常に海外事情に意を用いた。1854年下田で密航を企て投獄。のち萩の松下村塾で子弟を薫陶。安政の大獄に座し江戸で刑死。

勝海舟

幕末・明治の政治家。江戸生まれ。旗本の子。咸臨丸を指揮して渡米、帰国後、軍艦奉行となる。幕府側代表として江戸城明渡しの任を果たす。維新後、参議・海軍卿・枢密院顧問、伯爵。

橋本左内

幕末の志士。福井藩士。緒方洪庵らに蘭学・医学を学び、藩の洋学を振興。藩主に求められて幕藩改新に当たる。将軍継嗣問題で慶喜擁立に尽力。安政の大獄に座し斬罪。


関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。