LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

赤い部屋

赤い部屋

著者:江戸川乱歩

朗読:野口晃

再生時間:1時間7分51秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

秘密クラブである「赤い部屋」には今夜も、異常な興奮を求める七人の男が集まっていた。
今宵の話し手は新入会員のT氏だ。彼は奇妙なからくり仕掛けの骸骨のように、がくがくと話し出した。
彼は人生に飽きていた。ありふれた刺激に満足できなくなった彼は、ある素晴らしい遊びを発見してからというもの、すっかりその虜になっていた。
しかし、その遊びも九十九を数えて楽しくなくなってしまい、もはや自らの命を絶つしかないと思っているが、その前に誰かに自分がこれまでやって来たことを打ち明けたかったのだという。
彼が発見した素晴らしい遊びとは、法によって裁かれることなく人の命を奪う事だった。彼はこれまでに九十九人の命を奪ってきたのであった……

著者情報

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。