LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

火星の運河

火星の運河

著者:江戸川乱歩

朗読:西村健志

再生時間:18分45秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

又あすこへ来たなという、寒い様な魅力が私をおののかせた。
私は果てのない森の中を歩き続けていた。音も匂いも触覚さえもが私の身体から蒸発してしまっている。
全てが死滅してしまったかのような世界の中で、私はえも言われぬ恐怖を覚える。
一体何年の間、或いは何十年の間、私はそこを歩き続けているのだろうか?歩き始めたのは昨日であったか、或いは何十年も前だったか?……それさえ曖昧だった。
ふと気が付くと私の周囲に薄明かりが漂い始めていた。目の前の森にようやく切れ間が見えた。
「出口だ!」
そう思った私であったが、そこが出口ではなく森の真ん中だったのだと気付く。沼の岸に立った時、華やかな色彩がある訳でなく、単調な色どりを映しているに過ぎないはずなのに、「私」はその景色のあまりの美しさに眩暈を覚えていた……

著者情報

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。