LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

恐ろしき錯誤

恐ろしき錯誤

著者:江戸川乱歩

朗読:野口晃

再生時間:1時間27分45秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」
北川は復讐の快感に酔い、毒々しい勝利の囁きを続けていた。
三か月以前の春のこと。彼の家は火事になり、彼は我が子を抱いて避難した。しかし、愛妻の妙子が亡くなった。一度は家の外に逃げたはずの妙子は、誰かに何かを耳打ちされて、燃え盛る家の中に再び飛び込んで焼け死んだのだ。北川が復讐すべきは、妙子を死地に赴かせたその誰かだった。
北川は友人であり、かつては妙子を巡っての恋敵であった野本を訪れて、一枚のメダルを見せた。そのメダルの中には、妙子を無残に焼き殺した男の――しかもその妙子が以前から愛し続けていた男の写真が貼り付けてあったのだと、北川は言う。
実はメダルの写真云々は北川の創作だったが、そのメダルを見せるべき疑いのある者は他にも二人いた。メダルを見せた時の野本の反応から、北川は正しく復讐すべき相手への策略が成功したと確信したのだが……

著者情報

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。