LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い(3)関ヶ原の戦い

人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い(3)関ヶ原の戦い

著者:本多隆成

朗読:まちだ侑子

2018年10月 ピコハウス

再生時間:1時間35分40秒

提供:吉川弘文館

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。


資料ダウンロード

以下リンクより本オーディオブックの資料が閲覧、ダウンロードできます。
● 家康・秀忠の東下・西上日程図(JPG:約201KB)【関連再生場所 00:19:27】
● 関ヶ原の戦い対陣図(JPG:約356KB)【関連再生場所 01:04:57】
● 関ヶ原合戦後に加増された主要大名(JPG:約287KB)【関連再生場所 01:24:45】
● 目次(PDF:約160KB)
● 人物相関図(JPG:約322KB)
● 参考文献(PDF:約247KB)
● 徳川家康略年表(JPG:約641KB)
● 資料一括ダウンロード (ZIP:約3.5MB)

内容紹介

徳川家康研究の第一人者による決定版。覇権への命運を賭けて、天下分け目の合戦、関ヶ原の戦いに臨んだ徳川家康。勢力が拮抗する中で東軍を巧みに勝利へ導いた家康の指導力を、激動の生涯とともに描く。関ヶ原古戦場を訪ね、東西両軍の激戦に想いを馳せる。略年表、人物相関図、関ヶ原の戦い対陣図、参考文献一覧付き。2013年12月刊。

内容項目

「太平」の世を創った天下人/Ⅰ 家康の履歴書―人と生涯(三河の新興大名〈竹千代から元康へ/東三河侵攻と一向一揆/三河支配の確立〉/武田氏との攻防〈遠江への侵攻/信玄との対決/勝頼との抗争〉/秀吉との対立と臣従〈五ヵ国支配の展開/小牧・長久手の合戦と臣従/小田原攻めと関東転封〉/大御所政治の展開〈将軍任官と秀忠への世襲/対大名政策/その他の諸政策〉/大坂の陣と家康の死〈大御所政治後期の状況/豊臣秀頼と大坂の陣/家康の遺言と死〉以下細目略)/Ⅱ 関ヶ原の戦い(合戦への前提/会津攻めと小山評定/両軍の陣容と各地の戦い/関ヶ原での決戦/戦後処理の特色)/Ⅲ 関ヶ原古戦場を歩く(合戦直前の関係遺跡/東軍関係の遺跡/西軍関係の遺跡)/略年表/参考文献

著者紹介

本多隆成

1942年 大阪市に生まれる 1967年 大阪大学文学部卒業 1973年 静岡大学人文学部講師 1989年 大阪大学文学博士学位取得 2008年 放送大学静岡学習センター所長 現在 静岡大学名誉教授 【主要編著書】『近世初期社会の基礎構造』(吉川弘文館、1989年) 『大谷探検隊と本多恵隆』(平凡社、1994年) 『初期徳川氏の農村支配』(吉川弘文館、2006年)『歴史の旅 東海道を歩く』(吉川弘文館、2007年)『近世東海地域史研究』(清文堂、2008年)『定本 徳川家康』(吉川弘文館、2010年)

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い (1) 「太平」の世を創った天下人
人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い (2) 家康の履歴書
人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い (3) 関ヶ原の戦い
人をあるく 徳川家康と関ヶ原の戦い (4) 関ヶ原古戦場を歩く

関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。