LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

芋虫

芋虫

著者:江戸川乱歩

朗読:楠木華子

再生時間:1時間29秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

時子は母屋の主である少将からの誉め言葉を複雑な思いで噛みしめていた。
「須永中尉の忠烈は、言うまでもなく陸軍の誇りだが、お前さんの貞節は、あの廃人を三年の間嫌な顔一つせずに、自分の欲を捨てて親切に世話をしている。なかなか出来ないことだ――」

時子の夫、須永少尉は戦争で左右の手足を失い、目以外は正常に働くこともなくなった。伝達する手段といえば、口に鉛筆をくわえて書く、目や表情を使うなど以外に持たない肉塊に変わり果ててしまい、まるで大きな芋虫のようであった。

最初の間は少将の誉め言葉を誇らしくも思っていたのだが、この頃ではそれを以前のように受け入れかねた。いつしか時子の内面は、貞淑な妻では無く、情欲にかられる獣のように変わっていたことを自覚していたからである……

著者情報

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。