LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

霊感!

霊感!

著者:夢野久作

朗読:西村健志

再生時間:1時間20分14秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

ある青年が急患でやってきた。ドクトル、オルデスネル、パーポンの三人は顔を上げた。
その青年は嘔吐をしており、その形相はサタンの死に顔やメデューサの首かと思うほど。奇声を発したかと思うとすぐさま吐き気に襲われて、おびただしい騒音を立てる始末。青年の額からは滝のような汗が確認できる。

そんな姿を見ていたドクトル、パーポンの二人はあっけにとられていたが、すぐさま腹を抱えて笑い出した。そう、青年は顎が外れて吐気を催していたのだ。
ドクトルは原因が分かると笑っていたことを謝罪し、青年を椅子に座らせた。左右の顎の骨を両手で強く引っ掴み、響き渡るほどの大声で怒鳴りつけた。
青年はビックリした様子でドクトルの顔を睨み返す。その瞬間、ドクトルは気合いをかけながら思いきり下顎を突き上げた。ガチーンという音を立てて奥歯がぶつかり口が締まった。

まもなくすると青年は顎がなぜ外れたのか話が進む。ドクトルの経験からも青年の顎が外れた理由が分からない。青年は今朝の出来事についてドクトルが知らないことに驚いた。
大評判の「名無し児裁判」についてドクトルは知らなかった。青年は裁判所でしかも法廷で顎を外したのだ。

なぜ、青年は顎を外してしまったのか。誰もが想像しなかったその理由とは?

著者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。