LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

骸骨の黒穂

骸骨の黒穂

著者:夢野久作

朗読:楠木華子

再生時間:57分17秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

直方の南の町外れに一軒の居酒屋があった。主人は藤六といい六十絡みの独身者の老人。
色白のハゲ頭でこの辺の人間の扱いを知っていた。彼の元には坑夫、行商人、界隈の百姓達が飲みに来る。
一杯屋の藤六藤六といって人気があった。藤六にはある妙な道楽があった。
それは、乞食を可愛がることで、どんなに客が多い時間でも乞食を見つけると、懐から何かしらを渡して立ち去らせた。
乞食には老人、女、子供や血気盛んなルンペン風の男もいた。麦の穂が出る頃になると、店に人のこない時間を見計らって、家の周囲の麦畑へ出て熱心に麦の黒穂を摘んでいた。
これも藤六のひとつの癖であったが、近所の人はそうは思わなかった。仏性の藤六が暇さえあれば善根をしているものと思って誰も怪しむ者はいなかったのだ。
藤六のおかげで直方には多くの乞食が集まって、乞食居酒屋や乞食藤六などと言われるほどだった。

そんな藤六が昨年、明治十九年の暮れにぽっくりと死んだ。巡回していた警察官によって発見され、色々と調べたが別に怪しい点はひとつもなかった。
まだ警察の仕事が大雑把だった明治二十年ごろ。人気の炭坑都市、筑前、直方の警察署内で起こった奇妙な殺人事件が動き出す。

著者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。