LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

人間レコード

人間レコード

著者:夢野久作

朗読:楠木華子

再生時間:40分35秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

下関の桟橋へ着いた七千噸級の関釜連絡船、楽浪丸の一等船室から一人のみすぼらしい西洋人が出てきた。
背丈は日本人よりも低く、貧弱な老人で何らかの病気か骨と皮ばかりに痩せている。

そんな、西洋人はデッキまで見送ってきた連絡船のボーイ連に脱帽した。ボーイ連達は彼の姿を奇妙に感じた。
高いデッキから5、6人が遠ざかっていく西洋人の後ろ姿を見送った。西洋人はたった一人で税関の前あたりまで来ると不安を感じて、そこいらを見渡した。

その中に、三等船室の方から一人の背の高い朝鮮紳士が降りてきた。その姿を見ると安心したらしく、その後を追いかけ始めた。
朝鮮紳士はそんなことにも気づかずに下関駅の改札口を出た。そのまま人ごみの影に隠れると何気なく振り返って、西洋人がホームに歩いていくのを見るとすぐに公衆電報取扱所に走った。

そして、前から準備していた電報を打つ。

「レコード」シモノセキツク」フジニノル」

レコードとは人間レコードのこと。ロシアで発明され、人の脳髄に電気吹き込みで複雑な文句を記憶させるというものだった。
吹き込まれた本人は記憶している内容を一切知らない。そのため自白することもできない。
そして、この人間レコードを使ったある作戦がはじまる。

著者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。