LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

夫人探索

夫人探索

著者:夢野久作

朗読:西村健志

再生時間:9分9秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

百万あったらああしよう、こうしよう。そんな空想をしていた青年・中村芳夫は思いがけぬ形で伯母から遺産を受け継いだ。一躍億万長者になった芳夫は、早速数万円を使って邸宅を建てた。
他にも、美姫、美酒、山海の珍味を並べて昼夜豪遊を楽しんだ。あっという間に百万円はなくなって借金も抱えてしまった。抵当に邸宅を取られた芳夫は元どおりの生活になってしまう。
芳夫は百万円あった自分と使ったあとの自分に相違がないことに疑問を感じた。なぜ、百万円が消え去ったのか、百万円はどこにいった。芳夫は考えても結論が出ないので識者に解決を迫った。

山本という社会学者、松井という法律学者、村上という心理学者、空誉という高僧、さらには占い師。どれもこれも腑に落ちない解答。思案に余ったあげく名探偵に一切の経過を打ち明けた。

芳夫は、百万円を取り返したら謝礼として半額を報酬として支払うことを提案。名探偵は快くうなずき、葉巻を吸う間に考えると返答。
しばらくして葉巻が短くなると窓の外へ投げ捨て、百万円を奪った人は芳夫の心の外にあると発言。芳夫は愕然とした。それは美人で若くて学識のある女性だったのだ。
名探偵とともに百万円を盗んだ女性を探すことになった芳夫。果たして二人は盗みをした女性を見つけ出すことができたのか。

著者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。