LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

名君忠之

名君忠之

著者:夢野久作

朗読:楠木華子

再生時間:1時間5分24秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

“名君”筑前藩主・黒田忠之は憤慨していた。
数本の桜の大樹が咲き誇る奥庭の広緑に筑前藩主・黒田忠之が腰掛けていた。同じ縁側の遥か下手に平伏している大目付役・尾藤内記の頭を睨みつけながら。裃姿の尾藤内記は、素長い顔を真っ青にしたまま、黒田忠之の目の色を仰ぎ見た。

「ハハッ。御意ぎょいには御座りまするが……御言葉を返すは、恐れ多うは御座りまするが、何卒なにとぞ、格別の御憐憫をもちましてお眼こぼしの程……薩藩への聞こえも如何いかがかと存じますれば……」

尾藤内記の発言に黒田忠之が癇癖を起こした。庭先に立ち並んでいた側女たちがハット顔を見合わせた。怒りのため両の拳を握りしめ、自分で開き得ないため、側女たちが指を揉み柔らげる。それ程に、黒田忠之は癇癖を起こしていたのだった。

それもそのはず、家臣・塙代与九郎が他藩である薩州から恩賞を貰っていたのだ。これは幕府にあるまじき行為。黒田忠之は塙代与九郎を肥後、薩摩の境い目まで引っ立てて討ち放し、晒し首にしろと憤慨した。話を聞いた尾藤内記は塙代与九郎を追放することを約束する。しかし、黒田忠之の命令に尾藤内記はすっかり弱り切ってしまう。この騒動が幕府に与えた影響とは?

著者情報

夢野久作(ゆめの・きゅうさく)

日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。