LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十回 ゆれる心」

ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十回 ゆれる心」

著者:宇野直人

再生時間:45分19秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

資料ダウンロード

以下リンクより本オーディオブックの資料が閲覧、ダウンロードできます。
● 特典 (PDF:約305KB)

内容紹介

漢字一つ一つが持つ個性的な形と意味、それらの組み合わせからさまざまにひろがってゆく境地が幻想的でもあり、夢のようでもある「ファンタスティック」な漢詩。

時代背景や作者の境遇を交えた色彩豊かな漢詩の魅力に溢れる講義です。


漢詩は和歌や俳句とともに、永く日本人に親しまれて来た文学形式ですが、漢字ばかりで作られるため、気おくれしてしまう人もおられるようです。
が、そのいかめしい外見から一歩中に入ってみると、まことに多彩で魅力ある世界が現れて来ます。
それは或る種の果物に似ています。西瓜(スイカ)の、あの固い緑色の外皮の中には赤くジューシーな果肉が、また荔枝(ライチ)の、あの固いトゲだらけの、茶色の外皮の中には、丸くて白く、甘い果肉が包まれています。
このシリーズは、漢詩のそのような果実をなるべくわかりやすくお伝えするもので、名作の数々を、時代背景や作者の境遇と合わせてお話ししてゆきます。
漢字一つ一つが持つ個性的な形と意味、それらの組み合わせからさまざまにひろがってゆく境地は、まさしくファンタステイック!と言えるでしょう。

〈第十回 ゆれる心〉
李白は数年間、金陵(江蘇省南京市)に滞在したあと、天宝12年(753)ごろ宣城(安徽省宣城市)や秋浦(同・貴池市)を訪れています。このあたりは風光明媚で気候もよく、銘酒の産地でもあり、李白はその生涯を通じて何度も足を向けました。

この時期には彼自身の不平不満の思いが強く反映された雑言古詩「宣州の謝眺楼にて校書朱叔雲を餞別す」)、先人たちの残した文化遺産とともに生きようという思いを吐露した七言絶句「独り敬亭山に坐す」、また都長安への断ちがたい思いを詠んだ五言古詩「胡人の笛を吹くを観る」など、李白の心のゆらぎを見せるものが目立ちます。有名な七言絶句「山中問答」「山中にて幽人と対酌す」も、この時期の作でしょう。

収録作品

宣州謝朓楼餞別交書叔雲
独坐敬亭山
観胡人吹笛
山中問答
山中与幽人対酌

著者情報

講師:宇野直人(うの・なおと)

昭和二十九年、東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。現在、共立女子大学国際学部教授。著書に『中国古典詩歌の手法と言語』(研文出版)『漢詩の歴史』(東方出版)『漢詩の事典』(共著、大修館書店)など。平成十九年、NHKラジオ「古典講読――漢詩」講師、平成二十年より同「漢詩をよむ」講師。

シリーズ一覧

ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第一回 習作のとき」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第二回 郷里を出る」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第三回 江南の日々」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第四回 安らぎを求めて」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第五回 旅の身の感慨」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第六回 いざ長安へ」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第七回 朝廷の日々」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第八回 朝廷を追われて」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第九回 ふたたび江南へ」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十回 ゆれる心」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十一回 近しい人々へ」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十二回 大乱の中で」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十三回 晩年の日々」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十四回 李白名作選(1)宮中の女性たち」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十五回 李白名作選(2)民間の女性たち」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十六回 李白名作選(3)ほろ酔い気分で」
ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第十七回 李白名作選(4)宴の席で」


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。