LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

子どもにウケるたのしい雑学 (1)

子どもにウケるたのしい雑学 (1)

著者:坪内忠太

朗読:安田愛実

再生時間:2時間42分51秒

無料再生時間:

提供:パンローリング

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

会員登録をすれば、全作品が聴き放題。入会月は無料です。

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

動物、虫、植物、体、食べ物、宇宙まで、身の回りから星の世界まで、
不思議あれこれを、おもしろく解説した雑学の本です。

問われてみれば、不思議でわからない、子どもの「なぜ?」にも上手に 答えらます。


◎なぜ、イヌはよそのイヌのお尻をクンクン嗅いでまわるか?
◎なぜ、ツバメは山や森ではなく人家に巣をつくるか?
◎耳の穴に指を突っ込むと聞こえる「ゴーッ」という音の正体は?
◎セミは逃げるときどうしてオシッコをするか?
◎大型旅客機の愛称は、なぜ「ジャンボ」か?
◎地球も月も太陽も球。天体はなぜまるいのか?
◎夜、車で走っていると月が追ってくる。なぜだろうか?
◎お風呂の栓を抜くと、なぜ必ず左巻きの渦になるか?

子どもとの会話に使うと、大ウケ間違いありません。

内容項目

第1章_なぜ、イヌはよそのイヌのお尻をクンクン嗅いでまわるか?
第2章_耳の穴に指を突っ込むと聞こえる「ゴーッ」という音の正体は?
第3章_セミは逃げるときどうしてオシッコをするか?
第4章_タネナシスイカは、タネがなくて来年もできるのか?
第5章_田舎の空気はなぜ、おいしいか?
第6章_大型旅客機の愛称は、なぜ「ジャンボ」か?
第7章_シマウマのシマ模様は、「白地に黒」か「黒地に白」か?
第8章_地球も月も太陽も球。天体はなぜまるいのか?

著者情報

坪内忠太(つぼうち・ちゅうた)

慶應義塾大学法学部卒。著述家。書籍編集のかたわら、「雑学」を収集。著書に『雑学 子どもにウケるたのしい日本』『子どもにウケる楽しい雑学』『子どもにウケる楽しい雑学②』『子どもにウケる楽しい雑学③』『脳にウケる楽しい雑学』『子どもにウケるからだの謎ウソ・ホント!?』『大人にウケる子どもの質問』など。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
子どもにウケるたのしい雑学(1)
子どもにウケるたのしい雑学(2)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。