LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

若菜集 (1)

若菜集 (1)

著者:島崎藤村

朗読:斉藤康史

収録:2019年4月17日 ピコハウス

再生時間:8分37秒

無料サンプル再生時間:

提供:ピコハウス

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

浪漫的詩情に満ちた文語定型詩51編を収めて1897年に刊行された、島崎藤村の処女詩集『若菜集』。
その中から「二つの聲 朝」「二つの聲 暮」「明星」「おきぬ」「おきく」「秋思」の6編がオーディオブックになりました。
青春のみずみずしい情感をうたった藤村の詩を、どうぞプロの朗読でお楽しみ下さい。

内容項目

二つの聲 朝
二つの聲 暮
明星
おきぬ
おきく
秋思

著者紹介

島崎藤村

1872-1943年。筑摩県馬籠村(現在の岐阜県中津川市)出身。本名は島崎春樹(はるき)。北村透谷らの『文学界』創刊に参加し、劇詩や随筆を発表。1897年に処女詩集『若菜集』を刊行し、近代詩の確立に貢献した。さらに小説に転じ、1906年に『破戒』を発表。自然主義文学の先駆となった。代表作に『春』『家』『新生』『夜明け前』などがある。

シリーズ一覧

若菜集 (1)
若菜集 (2)
若菜集 (3)

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。