LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

【「神楽坂と新内」シリーズ】  第2回「新内とは何か?」

【「神楽坂と新内」シリーズ】 第2回「新内とは何か?」

講演者:鶴賀若狭掾

収録:2019年6月25日 ピコハウス

再生時間:1時間40秒

無料サンプル再生時間:

提供:サザンカンパニー

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

今回は、「神楽坂と新内」シリーズの第2回目になります。前回は、鶴賀若狭掾師匠に神楽坂の昔の様子をお聞きしました。第2回目のテーマは、「新内とは何か?」です。

邦楽の世界でも、新内はあまり馴染みがないという方がいらっしゃると思います。あるいは、曲を聴いたことがないという方もいらっしゃるでしょう。そこで第2回目は、「新内とはどういうものか?」について、師匠に様々な角度からお話を伺いました。

師匠は、新内鶴賀流第十一代家元で、重要無形文化財保持者、人間国宝でいらっしゃいます。新内の誕生から、時代時代の変遷、さらには現代の新内事情までお聞きしました。聞き手は今回も、神楽坂の情報誌『かぐらむら』の長岡弘志編集長です。

著者紹介

鶴賀若狭掾

昭和13年神楽坂生まれ。平成12年新内の始祖である鶴賀若狭掾の名を襲名。新内協会理事長。翌13年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。新内を広めるため、後継者の育成だけでなく、世界40カ国60都市を演奏訪問。八王子人形の西川古柳座との共演を多く行っている。また落語の「芝浜」、芥川龍之介の「羅生門」「蜘蛛の糸」などの脚色、作曲も手がけている。平成15年度新宿名誉区民。

シリーズ一覧

【「神楽坂と新内」シリーズ】 第1回「神楽坂と私」
【「神楽坂と新内」シリーズ】 第2回「新内とは何か?」
【「神楽坂と新内」シリーズ】 第3回「天覧演奏と海外演奏」
【「神楽坂と新内」シリーズ】 第4回「新内の芸を彩る出会いの妙」
【「神楽坂と新内」シリーズ】 第5回「新内のこれから」

関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。