LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

鈴木三重吉童話全集――銀の王妃ほか (3)

鈴木三重吉童話全集――銀の王妃ほか (3)

著者:鈴木三重吉

再生時間:3時間30分42秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

作品紹介

鈴木三重吉は日本の児童文化運動の父として知られています。
彼は、政府が主導する唱歌や説話の質に不満を持ち、子供の感性を育むためには、本当に良い作品を届けなければならないという哲学のもとで、童話と童謡の雑誌「赤い鳥」を創刊しました。その創刊号には、芥川龍之介、有島武郎、泉鏡花、北原白秋らが賛同し、後には菊池寛や、谷崎潤一郎らも作品を寄稿しました。また、「赤い鳥」には多くの作家、作詞家、作曲家、画家が賛同し、参加したのみならず、彼らが世に出るきっかけとなりました。
三重吉自身も創作童話のみならず、世界各国の物語を児童向けの童話として、沢山の作品を発表しています。
このオーディオブックは、鈴木三重吉がお子様に対しても真剣に一人の人間として向き合って、千差万別の人間模様を描いた童話が収められたものです。是非親子で一緒に触れてみてはいかがでしょうか?

「銀の王妃」
早くに母親の王妃を亡くした金の王女のもとに、銀の王妃が新しい母親としてやってきました。
ところが、この銀の王妃は自分を世界一美しいと思っており、大変な負けず嫌いであったので、将来大変な美人になるであろう金の王女のことを疎ましく思っていました。
そして姫が美しく成長したある日のこと、近くの谷にある泉のますに、
「世界で一番美しいのは金の王女です」
と言われてショックを受けた銀の王妃は、御殿に帰ると寝室に閉じこもって、ふさぎこんでしまいました。
そして、王妃を案じる王様に対して、「金の王女をなきものにしてください」と頼むのでした。悩んだ王様は、いとこの国に姫を引き取ってもらい、王妃には「海の真ん中に投げ落とした」と嘘を吐いたのでした。

王女が死んだものと思った王妃は、今度こそは自分が世界で一番美しい者になったと喜びました。ですが、泉のますには世界で一番美しいのは金の王女だと言われ、王女がまだ生きていることを知るのでした。
そこで王妃は、久しぶりに金の王女の顔を見たいと王様に切り出すのですが……

収録作品

銀の王妃

マルボーたいい

ふしょう兵

火の中へ

黒ざる

とら

くも

そり

ぴっぴきぴ



船長の冒険

がいこつの島

こうまの話

風車ばの秘密

金の城

最後の課業

子どもと大男

星(或羊飼ひの話)

さずかり物

少年えきでんふ

子どもの水兵

狐のなかうど

著者情報

鈴木三重吉(すずき・みえきち)

小説家・童話作家。1882年、広島の生まれ。
東京帝国大学において夏目漱石に師事した後、その門下となる。短編小説「千鳥」を「ホトトギス」に発表して認められ、作家としてデビューした。
その後も浪漫的・抒情的な作品を書き注目を受けたが、しだいに童話への関心を深め1916年童話集「湖水の女」を出し、1918年、児童雑誌「赤い鳥」を創刊。坪田譲治、新美南吉らの童話作家を育てた。

代表作には小説「小鳥の巣」「桑の実」「世界童話集」など。

作品一覧

本作は分割収録となり、以下の項目にて1つの作品となっています。タイトル末尾のカッコ付きの数字が順序となります。各項目にはそれぞれのリンクから移動して再生して下さい。
鈴木三重吉童話全集――銀の王妃ほか (1)
鈴木三重吉童話全集――銀の王妃ほか (2)
鈴木三重吉童話全集――銀の王妃ほか (3)


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。