LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本

「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本

著者:石原加受子

再生時間:3時間43分21秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

どうしても一歩踏み出せないのにはワケがある!?

また、ガマンしちゃった。
また、あきらめちゃった。
また、決心できなかった。

→今度こそ、私の夢や願いをかなえたい!

「もし、あのとき○○していれば……」
「もし、あのとき○○と言っていれば……」
――そんなふうに思ったことはありませんか?

どうしてあなたは、「やりたくてもやれない」「言いたくても言えない」のでしょうか。
それは、そんな気持ちの奥に、「争いになったら怖い」「失敗するのが怖い」「傷くのが怖い」といった〈恐れ〉があるからではないでしょうか。

本書では、「恐れ」「不安」「焦り」に振り回されない「自分中心心理学」を分かりやすく紹介。

恐れを手放して、もっとラクに、思い通りに生きるレッスンを始めましょう!

目次

第1章 今度こそ、我慢したくない。諦めたくない

第2章 ほんとうは誰だって「怖い」と感じてる

第3章 きつい人間関係も、こちらの出方しだい

第4章 恐れを手放すレッスンを始めよう

第5章 もう怖くない!思い通りの人生に変わる

著者情報

石原 加受子(いしはら・かずこ)

心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱する心理相談研究所オールイズワン代表。日本カウンセリング学会会員、日本学校メンタルヘルス学会会員、日本ヒーリングリラクセーション協会元理事、厚生労働省認定「健康・生きがいづくり」アドバイザー。
「自分を愛し、自分を解放し、もっと楽に生きる」ことを目指す、自分中心心理学を提唱。性格改善、対人関係、親子関係などのセミナー、グループ・ワーク、カウンセリングを20年以上続け、多くの悩める老若男女にアドバイスを行っている。現在、無料メルマガ『楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学』を好評配信中。

著書に、『「つい悩んでしまう」がなくなるコツ』『離れたくても離れられない人との距離の取り方』(すばる舎)、『もっと自分中心でうまくいく』(光文社)、『気持ちを伝えるレッスン』(大和出版)、『もっと、あなたが話したくなる話し方』(PHP研究所)、他多数。

※本商品は『「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本』[すばる舎刊 石原 加受子 著 ISBN:978-4799150740 224頁 1,400円(税別)]をオーディオ化したものです。


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。