LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

別冊・中谷彰宏105「言いなりになりたい男に、惚れよう。」――限界を超える恋愛術

別冊・中谷彰宏105「言いなりになりたい男に、惚れよう。」――限界を超える恋愛術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間1分6秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

謝るとは「謝罪」であると誤解している人たちは少なくありません。
でも、それは大きな誤解です。
「謝る」とは、こじれた人間関係を自分主導で再構築すること。
行動力のある人は謝れますが、怠け者は謝ることができません。
度量の大きな人は謝れますが、器の小さい人は謝れません。
謝れる人からは、フェロモンがあふれ出しています。
土下座できる人は、とてもセクシーです。
譲歩することで、人生を切り開く方法、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□すなおに謝ることができない方。
□相手のふところに飛び込むのが苦手な方。
□フェロモンに乏しい男性。

ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「サラリーマンは、謝るのが仕事。」
○「謝れないと、世間が狭くなる。」
○「一回持ち上げて、下げるのが会話のコツ。」
○「リアクションの大きい人が、愛される。」
○「立場の逆転に、物語が生まれる。」
○「言いなりになりたいのが、女性の本音。」
○「追い詰められれば、男はモテる。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。