LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

別冊・中谷彰宏124「変態と、呼ばれよう。」――恋人と長続きする恋愛術

別冊・中谷彰宏124「変態と、呼ばれよう。」――恋人と長続きする恋愛術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間8分32秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

「ええかっこしいだから、デッドポイントを超えられる。」と中谷さん。
好きな女の子が見ていたから完走できた。
すてきな女性ががんばっているから、自分もがんばれた。
こんな経験は、どんな男性にもあるのでないでしょうか。
そう、大きく見せようとする気持ちが、壁を破らせてくれるのです。
でも、大きく見せ方には、センスが問われます。
お金を持っている。いい学校を出ている。いいクルマに乗っている。
そんなことで大きく見せるようでは、ちょっとセンスがありません。
女性が「大きい」と思うのは、そういうことではないからです。
女性が「大きい」と思うのは、没頭している姿と意味不明の世界観。
ブリキのおもちゃのコレクション。鉄道の乗りつぶし。
どんなテーマでもかまいません。
女性が「??」と思うような趣味に没頭する姿が、
結局、「大きい」という好感につながるのです。
「大きな男」になる思考法、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪
□自分を大きく見せてしまう方。
□なかなか継続しない方。
□超然とした自分を確立したい方。
ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「ええかっこしいは、デッドポイントを超えられる。」
○「最初の動機は、ベタでいい。」
○「工夫なき努力をしてはならない。」
○「役割がある方が、会話が弾む。」
○「能力ではなく、役割を追求しよう。」
○「男のコレクションは、プロセスが大事。」
○「『変態ね』は、最高の褒め言葉。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。