LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏117「役立つより、役立ち感を持とう。」――働きやすさより働きがいを持つ仕事術

月刊・中谷彰宏117「役立つより、役立ち感を持とう。」――働きやすさより働きがいを持つ仕事術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間7分56秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

幸不幸に、数値化できるようなモノサシはありません。
目の前の現象をどうとらえるか、私たちの「解釈」次第です。
同じ状況に出くわしても、それをラッキーととらえられるか、
それとも、アンラッキーであるととらえてしまうか。
ここに「ラッキー感度」が表れます。
では、どうしたらラッキー感度を高めることができるのでしょうか?
それは、すべてをラッキーとして解釈してしまう「物語力」を磨くこと。
映画や小説から、数多くの「物語」を仕入れておく。
いま問われている「神様のテスト」は何なのかつねに考える。
そうすれば、苦境も見せ場。苦笑いしながら向き合うことができます。
すべての状況に感謝できるマインドセット術、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□つい愚痴っぽくなってしまう方。
□自分は、不幸であると思っている方。
□苦境を、学びの機会にしたい方。

ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「働きやすさより、働き甲斐。」
○「幸福感は、夢中度で決まる。」
○「好きなことは、天職ではない。」
○「働き甲斐とは、役立ち感。」
○「期待感が強いから、不幸だと思ってしまう。」
○「習慣にすれば、淡々とこなせる。」
○「捨てれば、意欲がわいてくる。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。