LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏120「工夫感・役立ち感・成長感を感じよう。」――継続動機を生みだす仕事術

月刊・中谷彰宏120「工夫感・役立ち感・成長感を感じよう。」――継続動機を生みだす仕事術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間3分41秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

「数学なんてやって、将来、何の意味があるんですか?」と先生に絡む高校生。
「この仕事、何の意味があるんですか?」と上司に噛みつく新入社員。
「態度がなっていない」と一蹴してしまっては、教師としても上司としても失格です。
彼らなりに「意味」=「つながり」を見出そうという意欲の表れだからです。
「つながりが見出せるときに、面白くなる。」と中谷さん。
一見無関係だった事柄の間に関係性が発見できたとき、私たちは興奮します。
集中にしても、継続にしても、それを支えるエネルギーは、この「つながり発見」。
そう、「つながり発見」能力が高い人は、集中力もあるし、継続力もあるのです。
そのためには、「努力」を捨てること。努力の積み重ねでは、継続は困難。
向きを変える、逆から見る、寝てからまたトライする――
必要なのは、こんな「ひと工夫」。
力を込めずに、状況を展開させる方法、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□「能力」がないとあきらめ気味の方。
□「努力」すれば夢が叶うと思っている方。
□「楽しい」を仕事にしたいと考えている方。

ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「面白みは、つながりにある。」
○「ギブアンドテイクではなく、義理と人情。」
○「嫌いじゃないことが、じつは大好きなこと。」
○「努力では続かない。努力より工夫。」
○「能力ではなく、役立ち感。」
○「自己納得できれば、継続できる。」
○「工夫できれば、継続できる。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。