LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏124「おいしいと感じることが、幸せだ。」――この瞬間に幸せを感じる生き方術

月刊・中谷彰宏124「おいしいと感じることが、幸せだ。」――この瞬間に幸せを感じる生き方術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間6分42秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

幸せになるのは、じつは、そんなに難しいことではありません。
「幸せ」を感じられる感性を身につければいいからです。
「幸せな人は、『おいしい』と感じられる。」と中谷さん。
では、どうしたら「おいしい」を感じられる心身になるのでしょうか。
それには、3つ方法があります。
1.なつかしの味を追体験する
なつかしの味を通じて、楽しい記憶がよみがえり、幸せな気持ちになれますね。
2.食の経験値を積み重ねる
新しい味、新しい食べ方にチャレンジすることで、心身は活性化していきますね。
3.ヘトヘトになるまで働く
仕事で得られた充足感と肉体の飢餓感が、「おいしい!」をもたらします。
「おいしい」を感じられる心身技法、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪
□幸福感を感じられない方。
□仕事に全力を出しきれない方。
□日常に刺激を感じられない方。

ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「いつか悟ると思っていると、今がしんどくなる。」
○「お金持ちは、お金を意識しない。」
○「『おいしい』と感じられる人が、幸せ。」
○「ダイエットして、味覚をリセットしよう。」
○「思い出の食べ物で、幸せな気分になれる。」
○「ヘトヘトになれば、幸せになれる。」
○「タクシーでも、美容院でも、ごちそうさま。」

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。