LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

早稲田神楽坂

早稲田神楽坂

著者:加能作次郎

朗読:林重吾

収録:2019年7月31日 ピコハウス

再生時間:1時間31分44秒

無料サンプル再生時間:

提供:ピコハウス

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

関東大震災から4年後の1927年、「東京日日新聞」に連載された『大東京繁昌記』。本所両国を芥川龍之介、深川浅景を泉鏡花、大川風景を北原白秋…というように、地域別に異なる作家が担当する人気コラムで、早稲田神楽坂を担当したのが、小説家・評論家・翻訳家として活躍する加能作次郎でした。どうぞプロの朗読でお楽しみ下さい。

・この作品は青空文庫に提供されています。

著者紹介

加能作次郎

1885-1941年。石川県生まれ。1911年、早大在学中に出世作『厄年』を発表。博文館入社後、田山花袋に師事。1918年に私小説『世の中へ』で文壇的地位を確立し、『若き日』『幸福へ』などの情味ある作品を発表した。1941年、自宅にて『乳の匂ひ』を校正中、クループ性急性肺炎で死去。『心境』が絶筆となる。


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。