LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

一握の砂

一握の砂

著者:石川啄木

朗読:川野友希衣/石井美紀

収録:2019年7月22日 ピコハウス

再生時間:3分40秒

無料サンプル再生時間:

提供:ピコハウス

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

続きが気になる方は会員登録画面に進み、月末までの無料体験をお試し下さい!

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

一首三行書きの短歌551首を収め、1910年に刊行された、石川啄木の第一歌集『一握の砂』。
「我を愛する歌」「煙」「秋風のこころよさに」「忘れがたき人人」「手套を脱ぐ時」の全5章から15首を選び出し、2人の女性ナレーターが情感を込めて読み上げました。どうぞお聴き下さい。

内容項目

我を愛する歌1 (朗読:川野友希衣)
我を愛する歌2 (朗読:川野友希衣)
我を愛する歌3 (朗読:石井美紀)
煙1 (朗読:石井美紀)
煙2 (朗読:石井美紀)
煙3 (朗読:石井美紀)
煙4 (朗読:石井美紀)
秋風のこころよさに1 (朗読:石井美紀)
秋風のこころよさに2 (朗読:石井美紀)
忘れがたき人人 (朗読:石井美紀)
手套を脱ぐ時1 (朗読:川野友希衣)
手套を脱ぐ時2 (朗読:石井美紀)
手套を脱ぐ時3 (朗読:川野友希衣)
手套を脱ぐ時4 (朗読:石井美紀)
手套を脱ぐ時5 (朗読:川野友希衣)

著者紹介

石川啄木

1886-1912年。岩手県生まれ。本名は石川一(はじめ)。与謝野鉄幹に師事し、1905年に処女詩集『あこがれ』を出版。1910年には三行書きの歌集『一握の砂』を出版し、歌壇内外から注目された。大逆事件を契機に社会主義思想に目覚めたが、肺患と窮乏のうちに没した。代表作に歌集『悲しき玩具』、詩集『呼子と口笛』などがある。


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。