LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

花匂う

花匂う

著者:山本周五郎

再生時間:1時間5分14秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

あらすじ

直弥は初めて眠れない夜というものを経験した。矢部信一郎と庄田多津との縁談がきまったと聞かされた直後から、それは始まった。信一郎は直弥の親友であり、多津は隣屋敷の娘で幼馴染である。最初はこの縁談を素直に喜んだのだが、気がかりだったのは信一郎の持つ秘密であった。かつて自分の家にいた小間使いと過ちを犯した信一郎には、今三つになる男の子がいるのだ。
結婚してから多津がそのことを知ったらどれだけ傷付くだろうか……それを思うと直弥は胸が痛むのであった。
十日余り悩んだ末に、直弥は多津を河正という料理屋に呼び出して、そこで話そうと決心した。
当日、多津はなかなか来なかった。待っている最中に直弥はふいに低く呻き、眼をつむりながら片手で目を押さえた。今この時になって、ようやく直哉は自分の気持ちに気付いた。それは自分が長く、そして深く、多津を愛していたことであった。もはや彼女に話すことはできないと直弥は煩悶するが、そうしている間に多津はやって来たのであった……


【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。