LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2

上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2

著者:桂文我

再生時間:2時間19分28秒

提供:パンローリング

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

収録演目


・岡崎誠:開演前の挨拶
・森乃石松:『動物園』
・桂文我:『能狂言』
・桂宗助:『稲荷俥』
・桂文我:『船弁慶』
・桂文我:『高台寺』
・岡崎誠:終演後の御礼


演目解説及び助演ご紹介

能狂言
三代目三遊亭圓馬の速記で残る『但馬の殿様』に改変を施して、上演に至った。
戦後、六代目三遊亭圓生が高座に掛けたり、三代目桂米朝が試演したぐらいで、極めて演者の少ないネタになったのは、能狂言が民衆の芸とは言えなくなったことで、パロディがわからなくなったことが要因ではなかろうか。
しかし、コント仕立てであり、楽しく演じれば、忘れ去られる落語ではなく、かなり楽しめるネタだと思う。

船弁慶
五代目笑福亭松鶴から五代目桂文枝(三代目桂小文枝)が受け継ぎ、十八番ネタに仕上げたことで、このネタの寿命が延びたようだ。
その後、二代目桂枝雀に伝わり、文枝一門と枝雀一門を主に語り継がれている。
雷のお松という、強烈な嫁のキャラクターの描き方が、この落語のポイントだろう。
その上、ラストの能掛かりになる場面も、古典芸能の素養が無ければ形にならない。
夏の暑さ、船遊びの情緒、登場人物のユニークさと、どれを取っても、上演するには難しい落語である。
噺家として、様々な要素を身に付けた所で、それらを表現できるのではなかろうか。

高台寺
冥土に旅立った母親が、息のある子どもを育てるため、飴を買いにくるという、「幽霊飴」の伝説は、日本全国に存在する。
実際、それに似たこともあったかも知れない。
仏教説話か、僧侶の説教から成立した話であろう。
落語に纏めたのは、京都の噺家だった二代目桂(文廼家)文之助と言われている。
短編で、小噺に近いようなネタだったが、それでは惜しいと考え、今回の上演のサイズのネタに仕立て直した。
コント仕立てのようで、実はドラマの要素が強く、アイデアより情を味わっていただく方が、聞く楽しみが深くなるように思う。
決して、滅んでしまう落語ではない。

助演 桂宗助・森乃石松
助演の桂宗助は、桂米朝の弟子の中で、「一番口調が米朝に似ている」と言われており、米朝落語を的確に伝えている。
また、森乃石松は、マクラの面白さが他の噺家とは一線を画し、骨太の高座も定評があるだけに、今後の注目株と言えよう。

シリーズ一覧

上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ2

【ご注意】販売用の音源を利用している場合があるため、一部内容が本サービスと当てはまらない場合がございます。ご了承下さい。

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。