「LisBo(リスボ)」なら、作家・学者・実業家の講演の他、落語や朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

「宮本武蔵」第51回

「宮本武蔵」第51回

原作者:吉川英治

朗読:徳川夢声

1961(昭和36)年12月~1963(昭和38)年9月 ラジオ関東(現ラジオ日本)

再生時間:1時間7分57秒

提供:新潮社

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

武蔵は伊織とともに江戸に入り、宿に泊まっていた時、木村助九郎からの手紙を受け取った。武蔵は試合をしてくれればいつでも出かけると返事をした。

内容項目

空の巻 卯月の頃(四〜五)/入城府(一〜五)/蠅(一〜四)

原作者紹介

吉川英治

1892(明治25)年、神奈川県生れ。少年時代から様々な職に就き家計を支える。上京後『剣難女難』『鳴門秘帳』の連載で一躍流行作家となる。1935(昭和10)年より、朝日新聞で代表作となる『宮本武蔵』の連載を開始、大衆文学に新風を巻き起こした。1960(昭和35)年、文化勲章受章。1962(昭和37)年、70歳で逝去。

朗読者紹介

徳川夢声

1894(明治27)年、島根県生れ。無声映画の弁士として出発し、ラジオ全盛期には独特の話芸で人気を博した。他にも俳優、文筆家として多岐にわたる才能を発揮。1957(昭和32)年、紫綬褒章、1967(昭和42)年、勲四等旭日小綬章受章。1971(昭和46)年、77歳で逝去。


関連商品・関連情報

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。

作家自作を語る