LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

声と人柄

声と人柄

著者:宮城道雄

朗読:古寺洋子

2020年4月20日

再生時間:4分46秒

無料サンプル再生時間:

提供:ピコハウス

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

会員登録をすれば、全作品が聴き放題。入会月は無料です。

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

東京に向う省線に逗子駅から乗ると、どこかの地方の青年団が盲人の私に席を譲ってくれて…。『水の変態』や『春の海』などで知られる箏曲家・宮城道雄の短編を、どうぞプロの朗読でお楽しみ下さい。

・この作品は青空文庫に提供されています。

著者紹介

宮城道雄

1894-1956年。兵庫県生まれ。旧姓は菅(すが)。幼時に失明し、生田流中島検校に入門。11歳で免許皆伝。尺八家吉田晴風らと「新日本音楽」を提唱し、創作と演奏活動に多彩な活躍をした。1956年、演奏旅行の途次、列車から転落して死亡。門流は「宮城会」として組織されている。代表曲に『水の変態』『春の海』『越天楽変奏曲』などがある。


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。