LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) はじめに

白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) はじめに

著者:直木孝次郎

朗読:篠原夢

再生時間:13分51秒

提供:吉川弘文館

すでに会員登録済みの方は、こちらよりログインして頂くことで音声を再生できるようになります。

内容紹介

古代の人々の精神や思考を伝え、日本文化を知るためには不可欠の古典である『古事記』。神話に始まり天皇に至る物語を、日本古代史の第一人者がわかりやすい現代文で読み下し、ちりばめられた歌謡の言葉の魅力にも迫る。

内容項目

はじめに/上巻(天地のはじめと地底の国―イザナキ、イザナミの物語/天の岩屋―ウズメノ命のてがら/八俣の大蛇―スサノオノ命の冒険/因幡の白うさぎ―苦難と戦うオオクニヌシ/国ゆずり―三人めはタケミカズチノ神/高千穂の峰―天くだる神がみ/海の神の宮殿―海幸、山幸と釣り針)/中巻(戦うイワレビコノ命―苦難の大和平定/高佐士野の妻どい―イスケヨリ姫の苦心/はじめて国を治めた天皇―三輪の大神とタケハニヤスヒコ/サホビコの反乱―サホ姫の涙/白鳥になった皇子―ヤマトタケルの歎き/オキナガタラシ姫の冒険/荒波をのり越えて/宇治川の戦い―天皇の位をめぐって/アメノヒボコと赤い玉の女―新羅からきた王子/イズシオトメと藤の花―約束を破るとどうなるか)/下巻(イワノ姫の愛と怒り―仁徳天皇と后たち/皇子たちの争い―不意打ちとだまし打ち/流された皇子―兄と妹の愛情/三輪川のおとめ―雄略天皇の約束)/おわりに

著者情報

直木孝次郎

1919年 神戸市に生まれる。1943年 京都帝国大学文学部史学科卒業。 大阪市立大学教授、岡山大学教授、相愛大学教授、甲子園短期大学教授を歴任。大阪市立大学名誉教授、文学博士 2019年 死去。戦後の日本古代史研究を代表する歴史学者。和歌の作者としても知られ、1987年には宮中歌会始の召人をつとめた。【主な編著書】『日本国家の構造』『日本古代の氏族と天皇』『万葉集と古代史』『古代河内政権の研究』『日本古代の氏族と国家』『神話と歴史』『飛鳥』『額田王』『直木孝次郎 奈良万葉を歩く』『直木孝次郎 古代を語る』



シリーズ一覧

白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) はじめに
白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) 上巻
白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) 中巻
白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) 下巻
白鳥になった皇子 古事記(読みなおす日本史) おわりに


関連商品・関連情報

作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。