LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

別冊・中谷彰宏132「弱点を『かわいい』と感じるのが、愛情だ。」――無言のテレパシーを感じ合う恋愛術

別冊・中谷彰宏132「弱点を『かわいい』と感じるのが、愛情だ。」――無言のテレパシーを感じ合う恋愛術

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間7分12秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

「なに、イライラしているのよ」といらだつ旦那さんの態度は、
じつは、男性に特有であり、不可欠である沈思黙考なのかもしれません。
急に、愛想がよくなって、優しくなった旦那さんの態度は、
じつは、浮気していることへの罪悪感の現れかもしれません。
「旦那さんが無口でいるのは、奥さんを信頼している証拠。」と中谷さん。
表に現れている「現象」を真に受けていては、「真実」が見えてきません。
人間心理の奥深さを理解すれば、度量は一回り大きくなる。
わがまま、不機嫌、八つ当たり――どんなことでも、かわいく思えてしまう。
そんな大きな度量のつくり方、中谷さんから伺いました。

★こんな方にお奨めです♪

□相手の反応に、過剰に反応してしまう方。
□自分の弱点を肯定できない方。
□嫌な人との関係に苦労している方。
ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「相手の態度は、自分の接し方が原因。」
○「おしゃべりになるのは、浮気している証拠。」
○「仲良しカップルは、口数が少ない。」
○「思いやりとは、一歩踏み込むこと。」
○「相手の立場を慮ることが、乗り越えたということ。」
○「嫌な人を、かわいく思おう。」
○「完璧にならない。どこかで破綻しておこう。」


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。