LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

マッチ売りの少女

マッチ売りの少女

著者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン

朗読:由井佑衣

収録:2020年8月17日 

再生時間:11分50秒

無料サンプル再生時間:

提供:ピコハウス

再生速度
  • x0.5
  • x0.75
  • x1
  • x1.25
  • x1.5
  • x2
  • x3
  • x4

会員登録をすれば、全作品が聴き放題。入会月は無料です。

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

それは、ひどく寒いおおみそかの夜のことでした。あたりはもうまっくらで、こんこんと雪が降っていました。寒い夜の中、みすぼらしい一人の少女が歩いていました。ぼうしもかぶらず、はだしでしたが、どこへ行くというわけでもありません…。どうぞご家族で、アンデルセン童話のオーディオブックをお楽しみ下さい。

・この作品は青空文庫に提供されています。

著者紹介

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

1805-1875年。デンマークの童話作家・詩人。デンマーク語名はアナセン。1835年、イタリア旅行の印象と体験に基づく小説『即興詩人』で地歩を確立し、同年最初の童話集を発表。『人魚姫』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『マッチ売りの少女』『雪の女王』など150を超す童話を遺した。童話的な物語『絵のない絵本』も有名。

翻訳者紹介

大久保ゆう

・この翻訳に関するお問合せは訳者本人までお願いします。
・この翻訳は「クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス」によって公開されています。


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_facebook LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。