LisBo(リスボ)なら、作家・学者・実業家の講演の他、法話、落語、講談、朗読などのオーディオブックが定額で聴き放題。登録月は末日まで無料です。

月刊・中谷彰宏143「芸術品が、見る人を選ぶ。」――美意識を磨く美学道

月刊・中谷彰宏143「芸術品が、見る人を選ぶ。」――美意識を磨く美学道

著者:中谷彰宏

再生時間:1時間4分51秒

提供:盛池育英会

すでに会員登録済みの方は、こちらからログインして下さい。

内容紹介

これまで、仏像を観るることは何度かありましたが、
正直なところ、よくわかりませんでした…(笑)。
でも今回の中谷さんのお話で、全体像が一気に理解できました。
こういう話をもっと早い時期に聴いておきたかった
――心からそう思える内容です。
芸術作品を鑑賞するためには、やっぱり知識が必要。
仏教、仏像、そして時代についての知識識が、
芸術作品を鑑賞する目を養ってくれます。
すると不思議なもので、そういう目を持った人には、
芸術作品のほうから声をかけてくるようになるのです。
作品から声がかかる、教養の習得法、中谷さんから伺いました。

★こんな方にお奨めです♪

□仏教の手ほどきを受けたい方。
□芸術の鑑賞法を体得したい方。
□早寝早起きしたい方。


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

内容項目

○「早寝すれば、罪悪感がなくなる。」
○「翌朝の楽しみを、準備しておこう。」
○「お能は、物語の原点。」
○「異界に接すると、生きるエネルギーがわいてくる。」
○「芸術的価値がわかれば、信仰が目覚めてくる。」
○「芸術品が、観る人を選ぶ。」
○「愛とリスペクトで、仏像に接しよう。」


作品を探す

ジャンル  作品提供 
 
タイトル  著者・講演者 
 
朗読者  落語家・講談師 
 
キーワードで探す 

作品提供社一覧

LisBo_twitter LisBo_Instagram

・録音音声の中には、今日においては不適切と思われる表現がありますが、音源または原文の歴史的価値を尊重し、改変を加えずそのままとしました。
・当時の録音状況や、原盤の保管状態の不備などにより、一部にお聴き苦しい箇所があることをご了承下さい。